読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピック競技選手の紹介

オリンピック競技選手の紹介

女子競泳(Swimming)

★★日本人代表選手女子

星奈津美(Natsumi Hoshi)
【女子100・200mバタフライ/ミズノ】

高校3年生の時2008年北京五輪に出場。女子200mバタフライではあと一歩で決勝進出を逃した。

ロンドン五輪では同種目3位に入り、悲願の銅メダルを獲得。2015年世界選手権では、日本女子史上初となる金メダルを獲得し五輪内定を決めた。

2014年に甲状腺全摘出手術を受けるも克服し、リオ五輪で初の金メダルを狙う。



渡部香生子(Kanako Watanabe)
【女子100・200m平泳ぎ/早稲田大学・JSS立石】

中学時代から平泳ぎで頭角を現し、高校1年生でロンドン五輪に参加。決勝進出まではいかなかった、ポテンシャルの高さを見せつけた。

その後伸び悩んだ時期もあったが、2015年世界選手権では女子200m平泳ぎで金メダルを獲得し、リオ五輪代表内定を決めた。



鈴木聡美(Satomi Suzuki)
【女子100m平泳ぎ/ミキハウス】

2012年ロンドン五輪の200m平泳ぎで銀メダル、100m平泳ぎとメドレーリレーで銅メダルを獲得。今年の日本選手権で100mにて1分6秒72をマークし2位に入り、2大会連続の五輪出場を決めた。



池江璃花子(Rikako Ikee)
【女子50・100・200m自由形、100mバタフライ、400・800mリレー/淑徳巣鴨高校】

2000年生まれの16歳高校生選手。

2015年日本選手権では、中学生ながら女子50mバタフライで優勝。
また200m自由形でも3位に入り、リレー要員として世界選手権代表になった。

世界選手権では、中学生として14年ぶりの代表入りになったが、400mリレー、800mリレーに出場し、リオ五輪出場枠獲得に貢献。



金藤理絵(Rie Kaneto)
【女子200m平泳ぎ/ぎふ瑞穂スポーツガーデン・Jakedエリートチーム】

女子としては初となる五輪代表チームの主将を務める。

2008年北京五輪女子200m平泳ぎで7位入賞。ロンドン五輪こそ出場を逃したが、2013年世界選手権では同種目で4位、2015年は6位入賞を果たした。

今年の日本選手権では、今季世界1位となる2分19秒65で日本記録を更新した。



今井月(Runa Imai)
【女子200m個人メドレー/豊川高校・コカコーラスポーツクラブ】

2013年の日本選手権に、弱冠12歳で初出場すると、女子200m平泳ぎで3位入賞を果たす。

2015年日本選手権では、200mで世界選手権の派遣標準記録を突破するも3位となり、代表入りができなかった。

2016年高校1年では、日本選手権の200m個人メドレーで2位に入り、悲願の五輪出場を決めた。



★スポーツゲームも楽しめるスマホアプリ
今旬なRPGゲームはコチラ